学科トピックス

学生メッセージ

学生メッセージ

「先生」に求められる力を養う教育メソッド

ゆっくりステップアップ

学ぶ意欲を全力でサポート。履修相談や実習手続きの指導などを行う保育・教職センターも開設。各自がそれぞれのペースで学んでいけるようにしています。

少人数での学びを重視

あらゆる場面で「人と人」のかかわりを大切にしています。実習の事前・事後の指導も、マンツーマンで徹底して行い、専門知識やスキルの定着をめざします。

実践を通してスキル強化

現場経験豊富な教員が、音楽や図画工作、身体表現などの実践に即した方法を教えるとともに、子どもたちの好奇心と学ぶ意欲を引き出すレクチャーを実践します。

「こころ」と「こども」を理解する学びが、ギュッとつまってる

保育士・幼稚園教諭の就職率100%!

仕事を続ける女性が増加し、保育士のニーズはますます高くなっています。

幼稚園教諭とともに就職率100%の成果を挙げています。

「履修モデル」をチェック!

心理こども学科音楽会

幼児教育や初等教育の指導者には、心から音楽を楽しむマインドと、子どもたちに音楽の喜びを伝える技術が必要です。こうした見地から心理こども学科では、1年次生から4年次生までがそれぞれ練習の成果を披露する音楽会を、年1回開催しています。

1年次生はピアノのソロまたは連弾を、2年次生は身体表現も交えながら「表現活動としての音楽」を披露しました。3年次生はグループを作って自分たち自身で編曲も行うなど創意工夫して発表を行い、4年次生はより自由で自発的な発表を通じて、4年間のまとめを行います。

授業やレポート、テストの合間を縫っての練習になりますが、音楽会を終えたあとは大きな達成感を味わうことができます。

母と子のふれあいひろば

母と子のふれあいひろば(愛称:ステラマリス)は、子育て支援をとおして地域の人たちがつながってゆくことを目的として、学科の教員・学生が中心となって、母親とその乳幼児を対象に、月1回の割合で開催しています。

学生にとっては、お母さんやこどもさんたちが集う場に実際に入り込んで、支援するとはどういうことかを学ぶよい機会となっています。

親子で協力したでんでん太鼓や独楽づくり、学生による身体を使った遊び、教員による講演など、月ごとにさまざまなイベントを盛り込んでいます。

灘区総合芸術祭

王子動物園ホールで合唱クラブのコールスステラマリスとともに絵本読み聴かせを実施しました。

授業料免除制度(英検優遇校)

本学では、2012年より「英検2級相当以上の資格を持つ入学者は、授業料を免除する」という英検優遇制度を導入しています。心理こども学科においても、この制度を適用しております。詳しくは授業料免除制度のページをご覧ください。

授業料免除制度について

英語検定協会サイトの『拝見 英検優遇校』の第1回の記事に本学の授業料免除制度について掲載されました!

拝見 英検優遇校 第1回 「神戸海星女子学院大学」

  • 問い合わせる
  • オープンキャンパスに参加する
  • 進学相談会に参加する
  • 資料を請求する